心療内科って何?精神科との違いは?どんな症状の人が受診する?

精神科との違いを確認しよう

悲観的な気分になる、イライラとした気持ちになるなどは誰にでもあることですが、長期に改善が得られない場合は心の病気にかかっている可能性があります。治療を行わないことには改善が難しい例もありますので、治療が必要と感じた場合は早めに診察を受けたいところです。こころの病気に対応している医療機関といえば、精神科と心療内科がありますが、実際に足を運ぶとなるとどちらを選んで良いかも悩むところです。精神科はうつなどの精神面の不調が強く出ている場合に向いており、心療内科は心の問題が体の不調に関与する、いわゆる心身症の治療を中心に行っています。とはいえ、心身症の場合も軽度のうつなどの症状が出ることもあり、はっきりとした区別は難しいものもあります。

薬物療法や心理療法が中心

体の症状が強く出ている人は心身症の治療を行う心療内科が向いていますが、精神科と心療内科を併設したクリニックなら幅広く対応できますし、精神科に抵抗があるという人もより通いやすくなります。どちらにするかで悩んだ場合はまずは併設のクリニックで判断してもらうのも良いでしょう。治療内容に関しては精神科も心療内科も大きな違いはなく薬物療法や心理療法で症状の改善を目指していきます。そして、心の病気では生活習慣も乱れがちになりますので、生活のリズムを整えるための生活指導が行われることもあります。そして神経内科も心療内科と混同される傾向にありますが、神経内科は脳血管障害など脳神経系の疾患の治療が中心です。言葉は似ていても心療内科とはまったく違う医療機関だということは理解しておきましょう。